大学で学ぶという事

今日から世間は10連休GWということで、皆さんどうお過ごしでしょう?(笑)自分は明日も大学があるので、休日なのに大学があるので10連休では既に無いです…

なので、特に今日イベントがあった訳でもありませんでした。本は読みました。でも、1冊読み切っていないので本についても書けないなぁと思いまして、既にネタ切れで御座います。

昔のストーリーは本当にネタ切れの時に、更新しようと思っているので今日は大学の事について書いていきたいと思います。

題名の通り書いていきます。自分、SNSでまだ自分の大学を実名で出したことは無いので、今回も伏せておきます。(特に意味はないです)自分が一番好きな授業は宗教かなぁと。

正直、その授業は出席だけ取りに出ている人が多いと思います。大学生なんて、そんなものかもですが、自分は勉強するために大学に入ったので学んでます。どうせ、拘束されるのなら学べることを学んだ方がいいし、実は2500円くらい1コマに払っています。普段の2500円はドブに捨てないのに、なんで大学の授業はおろそかにしてと言いますか、時間とお金を無駄にしているのかなぁと個人的には思ったりしてます。

そして、よくインフルエンサーと呼ばれる「大人」が「大学は意味ない」などと言っているのを何度もSNSなどを通して見たことがあります。確かに、大人になって今の知識は使わないのかもれません。経済学なんてそもそもですが、設定がアダムスミスが生きていた頃だったりするものもあって、現在の社会システムにあった事を言えていないのかも知れません。けれども自分は、学ぶ事を「勉強」ではなく「娯楽」として位置付けています。

いきなりですが、人間が知識を得る目的は3つあるなんて聞いたことあるでしょうか。その三つは

  1. 生きていく(Survive)為の知識
  2. 力(Power)の為の知識
  3. 快感(Joy)としての知識

です。

自分の中高の恩師にこんな事を言われたことがあります。「勉強が嫌いなのはおかしい。人は新しい知識を得ると快感を感じるからだ。」(全くこのエビデンスを取っていないので、気になるかたは調べて頂きたいです。)少しこれを自分の言葉にさせていただくと

「勉強は勉強だから嫌いであって、知識を得るのは快感である」

です。まぁ、言葉のいたちごっこみたいになってしまうのですが、「勉強」って言葉が嫌いで、なぜなら「強」って「強制」を連想するんですよね。特に高校生までの学習って決まった教科をなかば「やらされてる」感じが僕はありました。(一人称がコロコロ変わってすいません)だから高校までは「勉強」でした。

でも大学って、学部があり学科もある。中には専修まであったりしますよね。そこで学ぶ知識って、3番の知識でしか無いと思うんです。僕は、経済学部に属しているので、経済系の学習はめちゃくちゃ楽しいです。まあ、勿論つまらない授業(僕の場合は情報です。ずっとワードとかエクセルとかやってるだけで、今のところ新しく学んだことはゼロなので)はあるのですが、そんなの調べてないこっちが悪い訳で、嫌なら単位落とせばいいんですよ。まあ、単位というある意味の「力」の為に学校にきている方もいると思うのですが…

結局、何が言いたいかっていうと「大学の学びってめちゃくちゃ楽しい。だから、大学に行く意味はあるんじゃないか」って事です。つまり「役立つ、どうこうじゃなくて人生の中で4年くらい学びたいことを学ぶ時間があってもいいんじゃない?それが人生のスパイスに後々なるかもよ」って事です。これについては、いろんな意見があると思うのですが、僕はこう思っています。

4年間遊び老ける大学生も、めちゃくちゃ真面目に学ぶ大学生も、みんな大学生です。だから、色々な人がいていい。逆に、「ちゃんと単位取れー」っていうのじゃいけないなぁと。でも、僕が大学で学ぶのは楽しいから。だから今まで一度も、大学サボりたいって思った事ないんですよね。まあ、心変わりとかってあると思うので、記録としての意味も深めたらたらと好き勝手、書かせて頂きました。(1年生の初めだからこんなにモチベ高いのかもです。笑)

タイトルとURLをコピーしました