Settlers of Catan (ボードゲームって面白い)


今日案外久しぶりにボードゲームをして結構面白かったので書きます。
日本だとモノポリーとか人生ゲームとかが多分代表的なゲームで僕は正直それらと人狼ぐらいしかしっかりやったことない気がするけどこっちでは多分結構やってます



ボードゲーム

バッファーロー行ったときもスラングのカードゲーム(めちゃめちゃ勉強になった、スラングの)やったりするんでカード、ボードゲームは多分結構やるんだと思います。

コンピューターゲーム(PS4とか携帯)とかも面白いけどカードゲームとかは古典的だけど、人とやるゲームだからコミュニュケーションツールにもなるしすごく面白いし、離婚率が高い日本の家庭にも取り入れるべきだと思いますw

今日やったゲームは基本的にいうと陣地とりゲーム。陣地とりといっても戦ったりするようなやつじゃなく、トレードとかを多くして建物建てたりとか色々やるゲーム。

ルール

素材カードっていうのがあって、それを集めて建物を建てたり道を作ったり、スペシャルカードを引いたりするために必要になってきます。
サイコロを二つ回してその目の数のブロック(六角形のプレートの上に数を置いてその数)に建物が接しているプレーヤーが素材カードをもらえます。



ただ、7が出た場合は泥棒を動かせて、どこかのブロックに置けます。そのブロックに接しているプレーヤー(多数の場合は一人を選ぶ)から一枚そのブロックと同じ素材カードを盗めます。そして8枚以上素材カードのあるプレーヤーは銀行に半分渡さなきゃいけません。

一番長い道を築いた人は2ポイントもらえます。道単体だと0ポイントなのですが、長くすればポイントもらえますw


デベロップメントカードなるものもあって、特殊なカードでポイントがもらえたり兵士がもらえたり、他から盗めたりします。兵士カードを三つ集めるとこれまたポイントがもらえます。素材カードを好きなのいくつかもらえるのもあります。

まずは家を建てて街にしていきます。家っていうか倉庫を作ると1ポイントもらえて、街にすると2ポイントもらえます。

素材は小麦、鉄、羊、レンガ、木の5つです。(どーでもいいですが今書いてていくつか数えるときにone, two, threeって言っててにやけましたw)
4枚同じカードを集めるて銀行に渡すと一枚好きなカードを選んでもらえます。
もちろんプレーヤー同士の取引も可能です。

勝ち負けについてはいたって単純で10ポイント稼いだプレーヤーが勝者です。今日は初めてのプレーだったから少し難しかったけど、楽しいゲームでした。多分1.5hくらいゲームしてたと思います(全く定かではありませんが。)負けても楽しいからいいんですけど、やっぱり勝つのがいいですよね。



結果

今日は初めてだったけど本当に面白かったです。勝ったので。

僕は一番長い道を建てたのと兵士カードを集められたので勝てました。最後モノポリーという特殊カード(一種類のカードを全プレーヤーから全て奪えるというかなりの最強カード)でみんなの資源を奪って勝ちました。

面白いよ、ボードゲーム

ボードゲームのいいところは先ほども書きましたが人とやるゲームだからコミュニュケーションツールにもなるしすごく面白いし、離婚率が高い日本の家庭にも取り入れるべきだと思いますw
そしてこのゲームの箱を見てみるとわかる通りかなり古い(1996年になんかの賞取ってるし)です。古くたって全然面白いゲームは面白いし、壊れませんw

日本に帰るときに真剣になんかボードゲーム買ってこうかなと思ってますw(なんか違うバージョンもあるし)

と思ったらこれ日本のamazonでも売ってたんで貼っときます。是非ご購入してください。

カタン スタンダード版

新品価格
¥2,618から
(2017/12/10 13:03時点)

カタンの開拓者たち 航海者版 (Die Siedler von Catan: Die Seefahrer. Erweiterung) ボードゲーム

新品価格
¥2,650から
(2017/12/10 13:04時点)