Richmond station のRosted Pork


今日のランチはRichmond station というダウンタウンのレストラン。トリップアドバイザーで評価が高かったお店。

12時近くに来店。かなり賑わっていて最初に”予約してますか?”と聞かれたのでは入れないかと思ったらカウンターなら大丈夫とのことで入店。キッチンの見えるカウンターだった。


最初にお水を持ってきてくれメニューを説明してくれる。ラディッシュかポークソーセージかハンバーガーの中から選ぶ。もちろん他にもオーダーできるけどランチセット的なやつはこれ。メインの前に前菜としてスープorサラダがつく。僕はスープを選択。

 

冷製コーンスープ

周りにかかっているのは少しピリ辛のパプリカソース。ピリ辛と言ってもコーンスープと飲むので辛さは感じない。乗っかっているのはミント。味はまあまあといったところ。味付けはシンプルでコーンの甘みもしっかり感じられた。美味しいのだが、これといって高評価するポイントもなし。

 

メインのポークソーセージ

ポテトと野菜(恐らくレタス)とパクチーが和えてあって味は少しピリ辛。ソーセージ自体はホームメイドらしくスパイスがかなり感じられ美味しかった(賛否両論な感じ)。独特のスパイスの香りはタイムかと思われる。

 

メニューの説明や、お水がなくなると注ぎに来てくれたり丁寧にメニューの説明をしてくれたりと店員さんのサービスは最高。値段はセットで$22(税抜き)。$15くらいで提供してくれればいいのだが、これにしては少し高いし賛否両論になりそうな感がはするが、料理の味は美味しかった。