カナダで水球をして思ったこと

はじめに

僕のブログのホームを読んでもらうとわかると思うけど、自分は中学から水球に出会って3年間それにほぼ全ての労力を費やしてたの。だから、留学するときに何かやろうと思ったスポーツが水球。日本よりはレベル的には落ちるんだけど、全く違うスタイルで面白かったよ。

プレースタイルが違ったから、最初はU19のチームですら戸惑ってスタメンを取れなかったんだけどね。僕はこの体験を通して、学校の部活のあり方に改めて疑問を持ったなぁ。

海外に留学する際には、是非何かスポーツをやってみるとすごく面白いと思う。僕は、そこで色々学んで英語も上手くなったから。

海外のチーム

僕が所属したチームはToronto Golden Jetsっていうチームで、基本は現地の子だけだったけどこの年は、僕とスペイン人の留学生も加わったチームだった。

さっきプレースタイルの話をしたんだけど、一言で現すなら日本の水球は「早い」。カナダを始め、アメリカ方面の水球は「パワー」。って感じ。全くスタイルが違うんだよね。水球をみたことない人は少し分かりにくいかもだけど、泳ぎながらカウンター中心の日本と、止まってから個人の力量だったりで戦うスタイルは全く違うんだよね。

そして、自分は初めてクラブチームというものに水球で所属したの。部活でしかやってこなかったから、全然違うのね。まず、コーチが先生っていう環境でないし、英語圏だったから先輩後輩もないしすごく楽だった。

僕たちのキーパーはU19と大学生のカナダ代表で結構うまい人だったんだ。僕みたいなタイプの人とはプレーしたことがなかったらしく、色々聞かれて一番はじめに仲良くなった。

海外でスポーツをして

僕が所属したチームは本気で全国大会で上位を狙ってたんだよね。ミーティングとかもしっかりしてて、そこで僕は意思を表明しなきゃいけなかったから英語が上手くなったんだ。

水球でしか使わないような、単語もたくさん覚えたけれど、何より英語で口論できるようになったのはここからかな。そして、僕は家が遠かったから同じ方面の子のお父さんにいつも車で家まで送ってもらったの。彼の家にも何回か泊まったんだ。彼はアルメニアのバックボーンを持ってて、彼のお父さんだったりとかから色々教えてもらったなぁ。名前忘れちゃったけど、アルメニアのソーセージみたいのがあってすごく美味しいのね。アルメニアに行く時があれば是非食べてみて。

僕の勝手なイメージかもしれないけれど、日本は野球を除いてチームスポーツは強くないと思うんだ。海外のチームでプレーして、練習量は圧倒的に少なかった割に僕のチームがまあまあ強かったのは、チームのあり方にあるのかなって。

僕の中で「監督」って言葉はすごく嫌いなんだ。何だろうな、なんか上から押さえつけられる感があるっていうのかな。でも、「コーチ」って言葉に対しては何も感じないんだよね。なんだろう、勝手な先入観で言葉に印象を持っているのかもしれない。カナダのコーチと選手の関係性はすごく僕は好きだった。「教える」とは違って「アドバイス」だったんだ。だから、受け入れやすかったし意見も言いやすかった。

日本のスポーツ界はまだ、ユニークさだったりそういうものが欠けてるんじゃないかなって思ったりもした。「練習は真面目にやるもの」的な考えがあるんじゃないかな。練習の話で面白かったのは、僕のスペイン人のチームメイトの話。

彼の母国のチームは結構強いみたいで(スペインはすごく水球強い)、本気で水球をしていたらしいのね。毎年、年明けに100mを100本やるんだって。僕も、2回くらいやったけど地獄でしかないんだ。10km泳ぐのは3時間くらいかかるし、苦痛以外の何物でもない。

でも、彼らのは楽しむために、飲み物が水でもスポーツドリンクでもなく、サングリアなんだって。「酒飲みながらやれば楽しいっしょ」って発想らしいんだけど、おかしいよね。 そして、彼は水球を純粋に楽しんでた。僕はそれまで、水球は好きだったけど、真剣にやるものだった。部活として辞めて、社会人チームの練習とかに参加させていただいた時とかも真面目にやってたなぁ。でも、僕と同じかそれ以上のレベルのプレーヤーが、水球を楽しんでる姿をみてそこから、きつい練習も楽しめるようになった。

こんなユニークなこと日本のスポーツ界では、まだないと思うんだ(絶対コンプライアンス的にはアウトだよね)。飲酒しながら、練習はバカの極みだし、それがいいってわけでもない。でも、そんなおかしいことがチームのコミュニケーションを高めたりするんじゃないかなって思った自分もいた。僕らのチームはよく、バカみたいなこと沢山してた。今考えるとすごくバカだけど楽しかったし、みんなと打ち解けられた。

年が明けてからは、みんな大学に向けての準備があったりで練習に人数が集まらなくなり始めたのもクラブチームらいいかな。みんな、優秀でカナダ最高峰のトロント大学はもちろんのこと、ハーバードとかUCLAとかコロンビア大学行ったり。彼らとはまた、世界のどこかで会えたらいいな。

2019年2月1日

経験
スポンサーリンク
シェアする
考えるゴリラ
タイトルとURLをコピーしました