ERに行った


金曜日に怪我をしました。救急にいきました。バカ高い治療費払いました。保険で返されるので問題はないのですが。

怪我をしたのは金曜日です。試合前日。なんて不幸なんだろう僕w
結局11針縫う羽目になったのですが、泣きませんでしたw


実は初めて縫いました。正直いってめっちゃビビってました。自分の国じゃないところで怪我してめっちゃ血出て救急いって11針縫うって異常でしょw

怪我をした経緯からいうと、退水セットの練習してて僕は退水ゾーンにいてボールがどっかいっちゃったから取りにこうとしてプール上がったところ穴があってそこに落ちてんで、足がエグれた感じです。

まあ面白いことに怪我したとき痛くなかったんですよね。友達が “Oh,shit” って言って気付いてそっから激痛が走りましたw
ただただ痛かったw

書いちゃいますけど、プールにライフガードがいなかったんですよね。絶対ライフガードがいないとかやっちゃあかんやつでしょとか思いながらコーチが応急処置。激痛ですこの時も。友達の手を握ってたみたいでクソ痛かったって言われました。

そのあとは体拭いて着替えて救急病院へ。コーチの心配は明日プレーできるかどうかだけ。
マジでクソコーチですw
“ You can play “とか “ Ask doctor waterproof bandaid “とか。んで僕が保険会社に電話してる時(日本のだから日本語で)には「こんにちは」とか「黒澤明」とか意味わかんないこと言い始めるし。全く心配してねーじゃんって感じw

日本の会社にはあとで請求することになり、とりあえず病院へ。緊急救急(ER)の使用料$560だった。僕の予想だと$1000とか超えるのかなって思ってたからまあいいんじゃない?なんて思いましたw
どっちにしろ返ってくるお金なので。

7~8 時間待つよとかコーチに脅されてたけど多分待ったの30分くらいw
ここでもクソさ発揮してましたw
信じた僕が悪いですか? 僕はコーチがクズなだけだと思います
多分この記事読んでるんで一応言っておきます “Coach you were Bullshit “
こんなことも言えるコーチなので水球してて楽しいのは確かなんですがw

僕を診察してくれたドクターがすごくいい人で診察中(縫ってる時に)色々と話したり(シロクマについてとかドクターになった経緯とか)しました。
面白かったのが彼は二回大学行ってて最初はエンジニアのディグリーとってそっからドクターになったとか言ってました。要するにクソ金持ち。でもすごいなと思ったのは数学が好きすぎて今でも自分で問題集とか買ってただ単に楽しむために解いてるらしいですw
でも全くオタク感はなくて結構ハンサムでした。(写真はテキトーに撮ったものなのですいませんw)

日本にもきたことがあるらしくそれについても話しました。世界をウエディングで回ったとか色々。

麻酔かける前に痛い?って聞いたら10秒僕を嫌いになってそれから愛するよって言われたのがすごく面白かったw

結局11針縫って2週間水球しちゃダメなのよね。これプールから慰安金とかなんとかもらっていいと思うんだけどねw

海外のERに行って縫うなんてなかなか経験しないことだと思うので僕はかなりポジティブに捉えてます。しかも足の筋トレも問題ないらしいし。今日はまだ痛むのでお家でゆっくり。

以上カナダからでした。